お気楽ベルギー生活

3歳と1歳の男児2人連れで2回目の駐在となるべルギー生活! 毎日楽しく記念日のような日々の記録を残してゆきたいです。
Posted by きぃぽ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by きぃぽ   1 comments   0 trackback

魅惑の国トルコ 2日目

トルコ2日目です。
イスタンブールに着いてから、
なんとなく感じていたトルコ人の笑顔。
トントンと二人で
「みんななんか優しく笑ってる。」
そう話していました。

私たちが子供二人を連れているせいか、
皆私たちを見て微笑みます。

すっかり中東への緊張も解け、さっそく今日は観光です。

ホテルの朝ごはん。
テラスでいただきます海が見えるテラスです。
BLOG2011_0603_064126.jpg

さっそくスルタンアフメットジャーミー(ブルーモスク)へ。
BLOG2011_0603_083513.jpg

イスタンブールはガイドをつけようか悩んだんです。
世界遺産が多く、私たちがあまり詳しくない歴史や宗教を説明してもらえるから
本当はガイドをつけるべきだったんでしょうが、
子供がいるので自由が利かなくなるのが不安だったのと
お金がちょっとお高かかったのでガイドなしでイスタンブールは回りました。
でも自分たちなりに色々調べてゆきました~。

14代目の王(スルタン)、アフメット1世が建てたジャーミー(モスク)
なのでスルタンアフメットジャーミー。
別名ブルーモスクの方が有名ですね。

このモスクはトルコでも一番美しいとされるもので
もちろん世界遺産の一つ。

最大の特徴は6本あるミナーレ(尖塔)(写真では5本しか映ってませんが・・・)
BLOG2011_0603_163059.jpg

このミナーレ、立派なモスクでも通常は4本。
世界でここだけが6本のミナーレ(尖塔)を持っているそうです。
ミナーレが多ければ多いほど格式が高いとか・・・。

この6本のミナーレは、当時スルタンが建築家に「アルトゥン(金)」で。と言ったのを
建築家が「アルトゥ(6)」と聞き間違え、金のミナーレを建てる代わりに
6本のミナーレを建ててしまったとか、
はたまた金で作ると高くつき過ぎるからわざと間違えて6本を立てたとか
いろんな説があります。

ミナーレは本来、
イスラムで一日5回流れるコーランを
このミナーレに登って呼びかけるためにあるそうで、
なのでミナーレには必ずバルコニーがついてます。
今は人が昇りませんがでもコーランはここから流れてきます。

ブルーモスクの中は・・・
BLOG2011_0603_081248.jpg

思っていたほどブルーではありません(笑)
でも、若干青みがかった内装は、タイルの鮮やかな青などがそう見せます。
内装を覆っているイズミックタイルはなんと21043枚!!!!!
本来、タイルは一日に一人で1枚~2枚しか作れないそうです。
でも、このジャーミーはたった7年の歳月で作られた。
そこにどれだけの本気があったのかがうかがわれます。

タイルは本当に素晴らしく、目を見張るものがあります。
BLOG2011_0603_081933.jpg
そして中は本当に美しかったです。
BLOG2011_0603_082019.jpg

トルコで見かけるイズミックタイルや、
またこの床に敷き詰められている絨毯に施されている
この絵柄。
BLOG2011_0603_081319.jpg

一番多いのはチューリップ、バラ。あとはカーネーションなど。
チューリップは神をあらわし、バラは・・・忘れました(笑)
ほかのお花たちは天国を表しているそうです。
BLOG2011_0603_081700.jpg


ブルーモスクを堪能した後は
地下宮殿へ。

BLOG2011_0603_090726.jpg

ここは地下の貯水池。
4世紀から6世紀に使われていたとされる
このこの地下宮殿。今も水がたまってます。
でも当時は一番上まで水がたまってたそうです!!!!

中はコリント様式の柱で支えられてます。
でもその柱は皆てんでバラバラ。
BLOG2011_0603_092744.jpg
BLOG2011_0603_092844.jpg

その理由は、そばの遺跡から拾ってきたものだからだそう。

一番奥にはつい35年ほど前に見つかった
メデューサの頭部が台座になっている柱もあります。
BLOG2011_0603_093027.jpg

ここではこんな写真を撮っちゃいました(笑)
BLOG2011_0610_222227.jpg

民族衣装に着替えてね~。
でもどう見てもエータもウータもモンゴル人にしか見えません(笑)

そのあとは新市街へ。
イスタンブールの新市街ではこんな可愛いレトロトラムとかにも乗っちゃって。
BLOG2011_0603_103443.jpg

お昼はそこらへんのロカンタ(大衆食堂)で。
BLOG2011_0603_110730.jpg

何気なく入ってもおいしいのがトルコ最高!
子供たちはすっかりピラウ(バター味ピラフ)に夢中です(笑)

街を歩きながらトルコアイスを食べたり~
BLOG2011_0603_114508.jpg

梅?みたいなものを食べたり~。
BLOG2011_0603_131629.jpg
(ウータは小さいリンゴ~!と言ってましたが梅だよね?これ。
知ってる人教えてください~!)
BLOG2011_0603_131926.jpg
すっぱい~!の顔
BLOG2011_0603_131933.jpg
でも、のち、おいし~の顔
魚市場に行ったりしながら旧市街まで歩きました。

途中ウータはおしっこ~!と。

よったトイレは・・・

トルコ式!
BLOG2011_0603_132350.jpg
汚い写真ですんません・・・
ウータトルコで初和式型トイレデビューとなりました(笑)

新市街から旧市街へ行く
金角湾にかかるガラタ橋は釣り人でいっぱい。
BLOG2011_0603_134242.jpg

イワシに鯵、ボラなどが釣れてました。

そして旧市街にはいりエジプシャンバザールを少し散歩。
BLOG2011_0603_140055.jpg
BLOG2011_0603_140145.jpg
この雑沓感、私大好き。たまりません~♪

そしてもう夕ご飯。
昨日行ったレストラン側を通ったら
今日も彼は回っていました。
BLOG2011_0603_181117.jpg
セマーの踊り手彼は毎日何回転するんだろう・・・(~_~;)

夕ご飯はまたまたロカンタ。
でもイスタンブールで一番おいしい!?と言われているキョフテ(肉団子)やさんです。

そこに行く前に、どこに行こうか悩んでいたら
「何探しているんですか~?」と日本語で話しかけてくるトルコ人。
キタ━━━(゚∀゚)━━━!!これはきっと客引き。
我が家にはなぜかなかなか客引きのお声がかからない。
トルコ空港に入った時から、対客引き戦闘態勢でいたし、
せっかくトルコに来て客引きに会わずに帰るのも残念?だと思っていたところ。
ようやくお声がかかった!(笑)

ご飯屋さんを探していると言う話しをしたら
いろんな店を教えてくれました。
で、ひととおり話しを聞いたら
「なにかお土産買った?」と。
(きたきたきた~!!!!これは絨毯屋へ連れてかれるパターン!((o(´∀`)o))ワクワク)
「お皿とか買ったから。」と言うと
「絨毯は?興味ない?」と聞かれました。

おおう!地球の歩き方に書いてある通りの展開!!

で。私は、「うん。絨毯興味ないし、買わない。」とずばり。

でも・・・そんな言い方かわいそうだよね。
色々教えてくれたのにさ。
だから私はこういいました。
「私も息子も埃アレルギーで絨毯とかひかないようにしているの。」と。(本当のことです。)

すると「そうか~・・・、わかった、じゃ。!」とあっさり。

え?もう引いちゃうわけ?
と私は少しびっくり。

エジプトの商人のしつこさを知っているから・・・

私の気持ちは対客引き臨戦態勢だったのに。(笑)
こうきたらこういう、ああきたらああいう。とシュミレーションばっちりだったのにぃ・・・

ま、無事に絨毯やに拉致はなさそうだったので
「ありがとう!」と言ってバイバイした。

のに!
しばらくして彼がまた来た!
「あのさ~・・・」
(お?!やっぱり来たか!どうする?今度はどう来るんだ?!)
と再び臨戦態勢に入った私たちに一言。

「今から行こうとしているキョフテ屋さん、おいしいのは
奥だよ。奥。手前はニセモノだからね!まずいよ!」

と。

なんて親切なんや~(T_T)
疑ってごめん。
(でも一応、そのお店が本物かどうか地球の歩き方で確認はしました。←疑い深い(笑)
 進められて入ったお店が絨毯やの兄弟店と言う話しもよく聞くので・・・)

トルコの人たちは客引きやだますこともあるけれど
基本は皆親切だと思う。
昔何かのテレビでやってた。
世界一親切な民族はトルコ人だ。って。

親切な人とそれを裏目にとってだます人。
前者の方が確実に多いはずなのに
だます人は結構極悪だったりするからだます人ばかり目についちゃう。
ちょっと悲しいことだけど。

ちなみに上記の彼は私たちをだまそうとはしていません。
単なる客引き。
ここでついて行ったら高額商品を勧められる可能性はあるけど
それを買う買わないは買う側の責任も多くあると思います。

ただ今回私が使った
「埃アレルギー」はトルコの絨毯客引きさんたちには
結構使える手段でした。(客引きさん二人にこれを言いました。)
こういうと皆あっさり引き下がりました。
この先トルコに行って、でもしっかり断れないかも・・・と言う方
使ってみてください。
「興味ない」だけだと
「見るだけでもいいから」と言う話しになりますからね。

そんなこんなで
客引きさんもお勧めのロカンタへ。
BLOG2011_0603_164501.jpg

毎回頼むメルジメッキチョルバス(レンズ豆でのスープ)に
トルコのおいしいフランスパンを浸して食べるがエータはすごく気に入り。
ウータはピラウにはまりまくり。
BLOG2011_0603_165112.jpg

そしてキョフテは・・・
BLOG2011_0603_165422.jpg

本気でうまかった~!びっくりした。

トルコ。
やっぱりいいわ。
おいしいし楽しいし人は親切だし。

観光も、そして客引きも楽しんで?(笑)
二日目終了です!


客引き対策参考になったわ!と思ってくれた方→にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ 人気ブログランキングへ 
やる気アップです!
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://okirakubelgium.blog27.fc2.com/tb.php/323-41dd9ba2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。