FC2ブログ

お気楽ベルギー生活

3歳と1歳の男児2人連れで2回目の駐在となるべルギー生活! 毎日楽しく記念日のような日々の記録を残してゆきたいです。
Posted by きぃぽ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by きぃぽ   0 comments   0 trackback

王宮見学とブリュッセルセンター散策

今日はブリュッセル再散策。

1年間ブリュッセルに住んでましたが
センターはいまだに迷子状態の私。
チビがいるとなかなかセンターへは足を延ばさないもんですね・・・。

まずは去年行きそびれ、今年の夏こそ行かねば!
と、王宮へ行ってまいりました。

王室が夏はラーケンの方へ行っているので、
王宮が夏の間だけ公開されます。(無料)
BLOG2011_0827_110940.jpg
この時エータはガン寝してましたが
王宮はバギー禁止なので
起こして、抱っこで回りました。
(途中抱っこをやめて歩いて散策。
 でも、このロープより中はいっちゃだめよ。と言い聞かせてたら
 中へは入りませんでした。(たまたまかもしれないけど)
 色々言うことをきけるようになってきて助かります。)

ついでに写真撮影禁止。
残念。('д`)

王宮の装飾はそりゃ見事なもんでした。

圧巻なのはシャンデリアの数々です。

ベネチアの間?の様なものもあり、
壁画もベネチアなのですが、
その部屋にかかっているムラーノグラスのシャンデリアのすごいこと!
ムラーノでだってこんなの見たことない!と言うサイズと豪華絢爛さ。

ダンスホール?の様な大きな間のシャンデリアも激しく圧巻!
これでもかと言うガラスのシャンデリア。
床も見事なモザイク。
豪華絢爛を通り越してすでに下品の領域に突入です。(笑)

そして何より一番の目玉は・・・

玉虫の間!(勝手に命名)
本当はこの天井は「Heaven Of Delight」という名前がついてます。
ファーブルのひ孫(アントワープ在住)が作ったそうな。

天井からぶら下がっている3つのシャンデリアのうちの
中央のシャンデリアがすべて玉虫のさやばね(一番表の堅い羽)でできてるんです!
以前、語学学校のお友達に、あれは必見だよ!と言われ、
楽しみに見に行ったのですが・・・。

私はシャンデリアに玉虫そのものがくっついていると思っていたのですが
(すごい想像。そしてそれを楽しみにする私ってやっぱりやばい?)

そうではなく、さやばねのみでした。
なので虫嫌いの方も多少は大丈夫かと・・・(本当か?)

で、想像していたのはシャンデリアのみ・・・だったのですが・・・。

ところがどっこい!
天井半分近くが玉虫!
シャンデリアをぶら下げている鎖にまで玉虫!

いや、本当に、芸術作品の中でも本気で悪趣味の世界に突入している部屋でした。
(悪い意味で言ってませんよ~。
 私においての悪趣味の世界とは・・・
 日光東照宮であり、スペインのアルハンブラ宮殿であり、ヴェルサイユ宮殿であるのです。
 必要以上に美しいもので盛りつけられたもの。。。な感じかしら。)

にしても。

圧巻です。

写真取れなかったので、ネットで拝借してきました。
BLOG116277,xcitefun-heaven-of-delight-5

この緑部分、全部玉虫のさやばねです。

玉虫は英名ではJewel beetle(宝石のカブトムシ?)とも呼ばれる虫で、
美しいし、何かの装飾に使っちゃおうかな~って気分になるのはわかるのですが・・・

でも、使いすぎだろ!(笑)
この部屋だけで何百万匹の玉虫死んでるんだ?って感じです。

ファーブルのひ孫。爺ちゃん、こんなに虫殺したらきっと泣くぞ。

もうすぐ公開終わりです。
興味のある方は是非!

以前から薄々感じてたんだけど・・・
なんだかベルギー王室って・・・う~ん。な感じなんですよね。

王宮の装飾もしかり、サンカントネールもしかり、
ブリュッセル北にあるサクレクールもしかり。
ブリュッセルの中には立派な大きい建造物があるのに
なぜか世界的にさほど有名ではないでしょう?
パリの凱旋門や、ベルリンの凱旋もとかに比べると。。。
サクレクールだって、モンマルトルの物よりでかいのに。
それは、建造が新しいと言うこともあるのですが
すべてまねっこだから。だと言うのが大きいと思うんです。

すべて、かつてのベルギー王、レオポルド2世のときに作られたものなんですが、

(ベルギーがダイヤが有名なのもこの人のせい(おかげ?)
 以前、この方、ダイヤ産出量の多いコンゴを自分の物にしてたんですよ。
 ベルギーの植民地ではなくて、レオポルド2世の植民地だったんです。
 すごいですよねぇ。)

彼が、
やれ『パリの凱旋門より立派なもの作れ!』
やれ、『モンマルトルのサクレクールよりでかいもん作れ』
『グランパレ、プチパレのように作れ』とか色々やったわけですが
結局はパリのまねごとなのよね。

この王宮の必要以上の豪華絢爛さも、
なんだか、列強諸国に対する見栄がメラメラな感じを感じるものでした。

でも、立派だから見てて楽しいですけどね。

その後はお昼を楽器博物館の最上階で。
BLOG2011_0827_115933.jpg

景色がいいんですよね~。ここ。
BLOG2011_0827_123819.jpg
BLOG2011_0827_123823.jpg

久しぶりにタルタルドビュフをいただきました。
BLOG2011_0827_121718.jpg

トントンはタルタルドトン(マグロ)
BLOG2011_0827_121952.jpg

要は刺身でタタキですが、ソースがミルク!でもいがにマッチしてて∑(゚ω゚ノ)ノ!びっくり!

今度日本に帰ってから作ってみよう~!って思いました!

その後ちょっとセンター散策。
小便小僧の前で。
BLOG2011_0827_134440.jpg

リアル小便小僧がで前におります(笑)
ベルギーから帰る時のお土産の品を何にしようかな~とか。

トントンが前から行きたがっていた
BLOG2011_0827_133305.jpg
本屋(ポスターや?)さん。

ここで、ブリュッセルの昔の写真のカレンダーを買ったり、
ポスターを買ったりしました。
ノスタルジックな雰囲気のある、素敵なお店でした。
(トントンはこういうお店を見つけるのが本当に上手です)

私は、いつも通り過ぎるだけだったお店に入ってみました。
BLOG2011_0827_144639.jpg

お爺ちゃんがやっているお店なのですが・・・
ガラクタや?アンティークや?微妙な線ですが、
店内は色々なものであふれ、アンティークのレーステープ、
他にもリボン、テープ類がいっぱい。
使い方によってはかなり可愛く使えそうです。

ここで私はなにを買ったかと言うと。
チョコレートのマグネット(笑)
私はトリュフの形をしたマグネットを買ったんですが
横にいたウータに、
「ウータハートがいいの!はーと!はーと!!!」と駄々をこねられ。
しぶしぶハート形のチョコレートのマグネットも購入。
もう!ウータは!男のくせになぜハートやピンクが好きなんだ!
君ははまさに今はやりの草食男子か?!それとも女子男子?!(意味不明)


ウータが途中で
うーたアイスクリームが食べたくなっちゃったのぅ。(←甘ったるい声で)」
と言うし、
私は私で町にあふれる甘いワッフルの香りにやられていて無性に食べたかったので
ダンドワで、ワッフルにアイスクリームとイチゴのソースをかけていただきました。
BLOG2011_0827_140205.jpg

作ってもらっている間、サービスでエータにおいしいヨーグルトジュースも作ってくれて!
BLOG2011_0827_140305.jpg

ひとつで家族みんなでおいしいお得なおやつでした!(笑)

でもダンドワのワッフルはやっぱりおいしいなぁ。

そんなこんなで楽しんだブリュッセル散策。
センターにもあと何回これるかなぁ?
BLOG2011_0827_141240.jpg

一回一回の休日を大事にしなくちゃね。

玉虫シャンデリアすご!なんて∑(゚ω゚ノ)ノびっくりした方は・・・こちらをポチ!→にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ 人気ブログランキングへ 
やる気アップです!
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://okirakubelgium.blog27.fc2.com/tb.php/378-bb62764c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。