FC2ブログ

お気楽ベルギー生活

3歳と1歳の男児2人連れで2回目の駐在となるべルギー生活! 毎日楽しく記念日のような日々の記録を残してゆきたいです。
Posted by きぃぽ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by きぃぽ   0 comments   0 trackback

駐在最後のPARIS

今週末の土日は、PARISへ行ってまいりました。

私とトントンはもう十数回も言っているPARIS。
トントンにいたっては、道も地図なし、地下鉄もほぼOK状態です。
(何回も行ってるのに覚えていない私って・・・(~_~;))

今回のパリは・・・
前回の駐在でもそうでしたが、
欧州駐在、最後に選ぶ場所はやっぱりパリでしょう!?
ってことで、お買い物&観光で行ってまいりました。

パリに向かう途中の空。
欧州名物、飛行機による空のキャンバスです。
BLOG2011_0910_072735.jpg

見事な飛行機雲ですね。

でも私的に。
こうして飛行機雲がしっかり残る空は
お天気は下り坂。なんですよね。
ピーカンでお天気が崩れないときは
飛行機雲はすぐに消える印象です。

こんな車窓からの景色。
BLOG2011_0910_100615.jpg

普通にOPERAとかCONCORD とか書いてある看板を横目に見ながら
パリの街中を車で走っているわけだけど、
こんなこと、当たり前だけど普通じゃないんですよね。

以前もそうでしたが、帰国寸前になると
今まで普通にしていたことが
どれだけ実は貴重なことなのかが身にしみてわかってきます。

まず向かったのはシャンゼリゼ。
BLOG2011_0910_101503.jpg

トントンはいつもこのシャンゼリゼを車で走るときに
「なんだか不思議な感じだなぁ。この有名な道を自分が走っているのが・・・」と言います。
私も不思議な感じなんです。
自分が今ここにいるのに、嘘のような。そんな気がして。
パリはそれほど自分の中では魅力的で、憧れの街なんだと思います。

にしても。
BLOG2011_0910_103216.jpg

似合わないな。ウータにシャンゼリゼ(笑)

シャンゼリゼに行ったのは、実は凱旋門に上るため
今まで、ウータとエータが一緒に凱旋門の階段を登るのきっついなぁ。と思い、
避けてきたのですが・・・。

私がパリの街中で一番好きな景色が凱旋門の上からの景色。
やっぱり二人にも見せてあげたい。
世界遺産の美しい街並みを。

ということで登りました!

階段は不安だったけど
「大丈夫。我が家はケルンの大聖堂も上った!
その半分以下の階段なんか大丈夫に決まってる!」

そう思いながらも意気込んで向かった凱旋門ですが・・・

びっくり∑(゚ω゚ノ)ノ凱旋門、バギーだと上までエレベーター使えるんですね!?
知りませんでした。

なのですっかり楽チンに上ってしまってしまった凱旋門。
なんだか拍子抜けです。(笑)

拍子抜けはしたけれど
やっぱり美しい。凱旋門からの景色。
BLOG2011_0910_110645.jpg

ウータも「きれいな街だねぇ。。。」なんていっちょまえ発言。
BLOG2011_0910_111159.jpg

望遠鏡で街中を少し見てみたりして。
BLOG2011_0910_110955.jpg

エータは凱旋門の屋上?を一周歩いて遊んで。

私はこれで3回目となる凱旋門屋上ですが
やっぱり感動。うれしかったです。
BLOG2011_0910_113634.jpg
シャンゼリゼを登ったあと。凱旋門の前で・・・

そのあとは、シャンゼリゼの売店でホットドックを買って
シャンゼリゼ横のちょっとした遊歩道で簡単ランチ。

BLOG2011_0910_130757.jpg
でも、こういうのも贅沢だと思いません?
パリで日常を過ごしているようで。

すっかり一部は秋の装いになっているシャンゼリゼ。
BLOG2011_0910_131255.jpg

エータも好きなように歩けてうれしそうです。
BLOG2011_0910_130330.jpg
BLOG2011_0910_132301.jpg

そのあとはルーブルを通りシテ島へ。

よく考えたらウータエータを連れてパリには何回か来てるけど
こうしてじっくり観光するのは初めてかも知れません。
BLOG2011_0910_162115.jpg

ルーブルはやっぱり凄い。
この重厚感あふれる迫力ある建築はやはりパリならでは。
有無を言わせぬ迫力があります。
BLOG2011_0910_162206.jpg

そしてパリに行くたびにいつも思うこと。
なんてすばらしい町の設計なんだろう・・・と。

凱旋門の穴から東を除けば新凱旋門、西を見ればコンコルドのオベリスク。
オペラを前に振り向けばルーブル。
素晴らしい建物のその先にはまた素晴らしい建物がそびえたち。
見事としか言いようがありません。

そして歩いてポンヌフまで行き、
ポンヌフでセーヌ川を見ながら少し休憩。
BLOG2011_0910_163530.jpg

向かった先は、ノートルダム寺院!
BLOG2011_0910_165413.jpg

ウータにノートルダムの美しいバラ窓を見せたかったんです。

ノートルダムも本当に素晴らしい建造物です。
青い空に映える、重厚な石造りの建物。

ぐうの音も出ません。

教会では今日は何かの行事をやっていたようで。
BLOG2011_0910_170651.jpg

結局、一番大きいバラ窓の全景をウータに見せることはかないませんでしたが
右翼と左翼にある、少し小さいけど美しいバラ窓を見せてあげられて良かったです。
そして何より、キリスト教のなんだかはわからないけど儀式。
これを見れてよかったんじゃないかと思います。
と言うのも、ウータは一時も神父さんから目を離さず
その行事に見入っていたので。きっと何か興味をひくものだったんでしょうね。

にしても。
ああ、ウータ。
BLOG2011_0910_165755.jpg

パリが本当に似合わない男だね(ノД`)シクシク

夕ご飯は我が家お決まりの
来来軒。もう何回来ただろう。
BLOG2011_0910_181543.jpg
BLOG2011_0910_181548.jpg
BLOG2011_0910_182321.jpg

すんごくおいしいというわけではないけど店の雰囲気が大好きで
(日本の普通の町にある地元の中華料理屋みたいで)
パリに来るたびに寄ってはホッとしていたこの店。
この店ももうしばらくは来れないなぁ。

そう思うといつもよりおいしく感じるから不思議です(笑)
(でもここの餃子はかなりおいしいですよ!)

明日は、ウータエータ初美術館。
オルセーへ向かいます!



やっぱりパリは素敵よね~!なんて思った方こちらをポチ!→にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ 人気ブログランキングへ 
やる気アップです!
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://okirakubelgium.blog27.fc2.com/tb.php/393-11dacfc1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。