FC2ブログ

お気楽ベルギー生活

3歳と1歳の男児2人連れで2回目の駐在となるべルギー生活! 毎日楽しく記念日のような日々の記録を残してゆきたいです。
Posted by きぃぽ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by きぃぽ   1 comments   0 trackback

額パックリと公園

9月12日から5日間。
トントンドイツのフランクフルトショーへ出張。

あ~。私も行きたい(笑)

でも、まぁその間は、
「亭主元気で留守がいい!!!(←鬼嫁)」と言った具合で、
それなりに満喫させていただこうと思ったのですが
しか~し!!!!そんなことを思っていた私にバチが当たったのか?!トントン不在の夜2日目。

火曜の夜中1時過ぎに、「さ、寝よう~。」と
リビングの部屋の電気を消し、真っ暗状態で寝室へ向かって廊下を歩いたら・・・

ドカッ!!!!!!
と・・・。

廊下途中にある洗濯室の扉が半開きになっていて
そこの角に額を直撃!

ぶつけた瞬間に、「あ、こりゃ割れたわ。」と言う痛み。
額をおさえながらリビングに戻って、
電気をつけ、額をおさえていた手をみたら。

案の定血に染まった右手。
恐る恐る鏡をみたら
右眉の上、1,5cmパックリいってました。

とりあえず表皮を寄せるようにして止血。
その後出血がある程度おさまったところでバンドエイドを貼る。

自分で自分の傷を見ただけでも、
ああ、こりゃ、2針か3針コースだなぁ・・・とは思ったものの、
トントン不在、夜中の1時半。
子供二人を置いて出かけるわけにもいかず、
かといって起こして、ぐずる二人をなだめて・・・なんてやっていたら
傷口開くこと間違いなし(笑)

と言うことでその晩はそのまま寝ることにしました。

「痛くてきっと寝れない~・・・」なんて思っていたのに
気がつくと朝。(笑)どんだけへっちゃら?私。

で、結局。
次の日、病院に行ったら、
かかりつけ医の先生に「あ~・・・」とため息をつかれ・・・。
「6時間以上たってると縫えないのよ~・・・残念。」と。

縫ったほうがきれいに治るらしいですが
もういたしかたないので、クローザーテープで固定。
それで様子を見ることになりました。
(まぁ実際傷口は縦にスパンと割れている感じで、
縫っても縫わなくても大差ないんじゃないか・・・・という感じです)

かかりつけ医のドクター曰く
「結婚してるし、子供もいるし、ま、過ぎたことは仕方ないわよ~!」だって。

いや、全くその通り(笑)
さほど痛くないし、傷が残っても、ま、若い頃より気にしないので・・・。
(きれいなおでこで産んでくれたお母さんには申し訳ないですが。。。
 でも横ジワも入ってきた(笑)。ということでご勘弁願います。)

私のだらしなさが原因ですね・・・
今後ドアのあけっぱなし。気をつけなくちゃいけませんね・・・。
帰国間際に怪我。
帰国まで、気を抜かずに無事に帰ってくるよう、神様の暗示ですね。

駐在は、色々経験できたり、色々な場所へ行けたり・・・
そういうのも重要なんですが
でも一番大事なことは「無事に日本に帰る」事なんです。

最後まで気を抜くな。
神様の暗示ととらえ、帰国まで気をつけて過ごしたいと思います。

そんなちょっとしたトラブルがあった
トントン出張ウィークですが、
昼間はのんびり、ご飯も手抜き。
まったりのんびり子供と3人ライフです。

ウータが幼稚園に行っている間、
エータと一緒に我が家の公園裏へ遊びに行ったり。
BLOG2011_0916_101155.jpg

白鳥がもうすぐ大人になります。
まだグレーの醜いあひるの子だけど・・・。
BLOG2011_0916_101229.jpg

そのうち真っ白になって、
さぞ美しい白鳥になるんでしょうね。
BLOG2011_0916_101338.jpg

こんなふうに素晴らしい公園を満喫できるのもあとわずか。
BLOG2011_0916_104837.jpg

怪我と体調に気をつけて、
残りの駐在生活無事に日本へ帰れるよう
家族みんなで気をつけながら楽しんで過ごしたいと思いました。
BLOG2011_0916_104147.jpg


怪我、大したことなくてよかったね!!!なんて思ってくれた方こちらをポチ!→にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ 人気ブログランキングへ 
やる気アップです!
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://okirakubelgium.blog27.fc2.com/tb.php/398-c0928ff5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。