お気楽ベルギー生活

3歳と1歳の男児2人連れで2回目の駐在となるべルギー生活! 毎日楽しく記念日のような日々の記録を残してゆきたいです。
Posted by きぃぽ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by きぃぽ   8 comments   0 trackback

旅行ノススメ(子供も一緒)

欧州の駐在生活。

その一つの楽しみは欧州各国を周る旅行であると思います。
我が家も、たった一年間ではありましたが、
10か国にわたる国を旅行しました。
多くの世界遺産に触れ、言語に触れ、文化に触れたと思います。

今駐在では、スタンプラリーのようにならない旅行をしたかったんですが・・・。

ん~、やっぱり一年という短い時間では、
どうしてもスタンプラリー的な感じになってしまったように思います。
本当は気にいった場所へ何回も行ったりしたかったのですが
さすがにその時間はとれませんでした。残念。

でも、中身は薄い旅行ではなかったと思っています。

我が家には旅行に行く際の鉄則?!があります。

それらを紹介します~

その国、地方のベストシーズンと思われる時期を選ぶ。 
 このベストシーズンですが・・・人によって違うと思うんです。
 我が家にとってのベストシーズンとは・・・
 いきたい国を思い浮かべた時の「景色」がその国のベストシーズンです。
 例えば・・・
 私の想像するドイツロマンチック街道は紅葉真っ盛りの秋。
 想像するハンガリーは雪の中の冬。
 想像するオランダはチューリップに囲まれる5月。
 想像するフランスのプロバンスはラベンダーが咲き乱れる7月。
 想像するギリシャは日差しがまぶしい真夏。
 てな具合で。
 その想像する季節をめがけて旅行へ行きます。
 
 それでも、子供がいたら避けなくてはいけない時期もあります。
 例えば真夏太陽照りつける灼熱のエジプトなど暑すぎて。
 我が家のように赤子を抱えている家族にはちょっと酷だと思うのです。
 そういうところは無理せず避けるようにしています。
  
初めて行く旅行先のホテルはそれなりのところを選ぶ 
 旅行は出来るだけ節約したいところですが・・・
 初めていく場所、特に首都などの大きい町以外の旅先は
 ホテルで結構旅行の印象が変わります。
 「ああ、楽しかった、最高の場所だった。」
 そう思うためには、それなりのホテルを選ばないと、
 苦痛だった思いが残ってしまい、残念な思い出になりかねません。
 星は問いませんが広さ、立地、口コミなどをよく調べてゆくようにしています。

PC環境の整ったホテルに泊まる 
 旅行にPCは今や必須。PCができるだけ使えるホテルを選ぶようにしています。
 その理由は・・・④で。

旅先のことは出来るだけ調べる。
 イメージだけで旅行に行くのもいいのですが我が家は出来るだけ中身を調べます。
 街のつくりとか、歴史背景、物の意味など。
 でも、いく前にはなかなかそこまで詳しく調べるのは大変です。
 なのでここでPC登場です。
 行った先々で気になったものを夜、ホテルに帰ってから調べます。
 そうするだけで、自分の中での旅の内容がグンと濃くなります。
 旅は、行った、見ただけでもいいですが、知っているともっと楽しいもんです。
 心の中にもより深く残るようになります。
 例えば、イスタンブールのモスクのタイルに描かれている花々が
 何を意味しているのか知ってるのと知らないのとでは物の見え方が違ってくると思うんです。
 せっかく旅行に来ているからには知識を共に持って諸侯に臨んだ方がはるかに楽しいと思います。
 「これはこの国でよく見るけど何だろう・・・?」で終わらないほうがもっと楽しいです。
 
子供を放牧できる、もしくは釣れるポイントを随所に用意する(笑)
 大人の都合に合わせて子供を動かしがちな旅行ですが
 それだと子供も退屈だし、ぐずるもの。
 そうすると結果大人も楽しくありません。
 なので、随所随所に、子供が楽しめる場所を入れます。
 例えば、我が息子たちには、「電車」「駅」等を用意。
 「ここ行った後、電車乗るよ~」などと「釣る」わけです(笑)
 街中一つ歩くにも、縁石の上を平均台の様にして歩いたり、
 タイルの色を踏み分けて歩いたり、子供が遊べる要素を探しながらめぐります。
 そして3歳くらいにもなれば色々なことが分かっているので、
 説明が必要なものは説明を簡単にします。
 教会なども、「こっちの人にとっては大事な場所だから静かにしなくちゃいけないのよ」とか。
 マリア様の像を見たら、「あれがマリア様で、あっちの人(キリスト)を産んだママよ」
 などと像や絵を指差しながら教えます。
 そうすると、その後行った教会などで、
 「あ、あれがマリア様。赤ちゃん抱っこしてるねぇ。」「キリストがここにいる!」など
 自分なりに探したりしてちょっと楽しめるようになったりします。

子供が楽しめることが最終的には親のためですものね。

これが一番大事
 無理な計画を立てない。

 我が家は基本的に1000㎞以上の運転はしません。
 旅行はとっても楽しいもの。必要なもの。
 でも、そのために、怪我をしてしまったり命を落としてしまったりしたら
 悔やんでも悔やみきれません。
 本人も、その周りの人間も。
 なので無理な計画はしません。
 これが我が家の一番の鉄則だと思います。

以上つらつらと書きましたが・・・

我が家の旅行の鉄則でした。

ここで、過去に行った旅行記を下記にまとめます。
子供がいなかったころに周った旅先も含め、
行きたい場所がありましたら是非ご参考にどうぞ!
(お気楽南仏生活ブログ時代の情報は6年前の物なので、
 もし参考にされた場合は、料金や時間などは再確認をしてくださいね)

ではどうぞ!

まずは南仏時代 (地名がその旅行記にリンクしているの、クリックするとそのページに飛びます)
★仏 パリ   
・・・8回くらい行ったかしら。
欧州初体験の新鮮な目で見たパリがあります。
キャバレーやソルド等
★仏 プロヴァンス   
・・・7月の思い描くプロヴァンスがあります
★仏 ラングドック地方(南西部)   
・・・駐在でもなければなかなか足を延ばすことのないラングドック地方。
絵にかいたようなフランスの田舎が広がります
★仏 リヨン   
・・・カテゴリに分かれていないので、
前のページ・・・と言うふうに見てゆくと
その前後の旅行記が見れます。リヨンで、我が家、初デモに遭遇しました(笑)
★伊 ミラノ   
・・・南仏時代は日帰りコース。それでも1泊で行く価値のある町でした。
毎年4月に開催されるミラノサローネもミラノの見どころの一つです。
★独 ロマンチック街道   
・・・秋に行ったロマンチック街道です。
★スペイン バルセロナ   
・・・ガウディ―建築に的を絞った旅行でした
★伊 フィレンツェ   
・・・イタリア代表都市フィレンツェの旅行記
★英 ロンドン   
・・・南仏時代何回か行ったロンドン。子連れでは難しいですがミュージカルも見ました。
★白 ブリュッセル   
・・・南仏時代に初めて見たブリュッセル。新鮮なまなざしです。
まさか住むことになるとは・・・(笑)当時の目線が面白いです(笑)
★オランダ   
・・・アムスに、キューヘンホフなど、オランダをめぐりました。
ゴッホの絵は、オランダとフランスのオルセーを絡めて楽しめます!
★夏のバカンス ローマギリシャ   
・・・我が家の新婚旅行?結婚してすぐに南仏と言う、
通常であれば新婚旅行となりうる場所に住むことになった我が家。
取りあえず、これを新婚旅行としよう。と決めて行った場所です。
★冬のバカンス エジプト   
・・・冬にロンドンとつけて行ってきたバカンス。初のアフリカ大陸です。
★冬のバカンス 中欧   
・・・チェコ、ハンガリー、オーストリア。真冬だけど素敵な旅行でした。
「世界の車窓から」さながらな電車の旅でした。

そして2回目の駐在となる、ベルギー旅行記です。

★独 
・・・ドイツ各都市旅行記。お勧めはミニチュアワンダーランド!(笑)
★オランダ
・・・もっといきたかったオランダ。あまりいけずに残念でした・・・
★アイスランド
・・・初めて足を入れた北欧。すごく行きたかった国の一つでした。
★英
・・・ロンドン以外にも足をのばしました。
ドーバー海峡を船で渡るの、駐在生活ならではの渡り方です!
★南フランス
・・・やっぱり大好きコートダジュール。モナコのF1も!
★トルコ
・・・南仏時代から行きたくていけなかったトルコ。最高の旅行でした。
夏は暑すぎ、冬は寒いし、日が短い。5月後半からがベストシーズンのようです。
★イタリア(ベニス)
・・・ベネチアも南仏時代に行きたくていけなかった場所。もう一度行きたい~。
こちらも冬は激さむ、夏は臭いと言うことで春がお勧め!
★ポルトガル(ポルト)
・・・ポルトガルのご飯を食べに!ホテルはポサーダがお勧め!
★スイス
・・・我が家の大好きなスイス。子供連れにも最高です!

以上です。
他にも、南仏時代のブログは、南仏観光等を見れば、コートダジュールやプロバンスの小さな村々、モナコなどの情報が多く出てきます。南仏に行かれる際にはぜひご参考にどうぞ。

思えば2年半の間に多くの国へ行ったもんだ。
そして散財したもんだ(笑)

帰国してみてわかる
使ったお金・・・(笑)

でもその額の分自分の心を満たしていると思います。
旅はどんなことをしてでもする価値のあるもの。
そう思う我が家です。

私たち夫婦にとっても子供たちにとっても
素晴らしい糧となると信じています。

皆さまの旅行のお役に少しでも立ちますように・・・

皆さまもよいご旅行を!

旅行記役に立ちそう~!なんて思ってくださったかた!こちらをポチお願いします!→にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ 人気ブログランキングへ やる気アップです!
スポンサーサイト

Comment

ともみ says... "祝☆ウータちゃん"
きぃぽさん、おかえりなさーい!
そしてウータちゃん、お誕生日おめでとうございます!

以前メールさせていただいたアンティーブに在住していたともみです。
(遅くなってすみません。アンティーブに一月戻っており、ネットが使えませんでした。)


きぃぽさん、長旅&ご帰国&幼稚園手続き&引越し&・・・ああ、書ききれない!
どんなにかお忙しい月だったでしょうね。でもご無事で戻られてなによりです。
そしてウータちゃんも激動の日々で、スーパー幼稚園生ですね(笑)。こんなに忙しい幼稚園生っているんでしょうか。制服姿が可愛い!
エータちゃんの「赤いパンタロン」もカワイイ~(笑)!


きぃぽさん、ブログ再開してくださってとても嬉しいです!
今度はベルギー情報だけでなく、旅行情報なども読めるのですね。
これからも楽しみ~♪ありがとうございます!


そしてブリュッセルの歯医者さんの件、ありがとうございます!
きぃぽさんが落ち着かれて、お時間のある時にでも教えていただけると
すごく助かります。まだ、歯医者さんは行っていません・・・。
前歯が危険なので前歯を使わないように噛んでいるので「顔がおもしろい」と主人に
蔑まれています。くっ、か、悲しい・・・。
ああ、きぃぽさんの通ってらした歯医者さんがまだいらっしゃいますように・・・。
2011.11.15 14:03 | URL | #qPQyGfck [edit]
あねこ says... "はじめまして"
はじめまして。
実は、コメントの書き方がわからず、拍手のところで、ずらずら書いてしまいました。。
こっちにあったんですね。。すみません。i-238
改めてこちらにて、コメントをしたいと思います。
わたしは、昨年より、きぃぽさんのブログをこっそり読んでいました。
来年に夫が駐在予定です。私にとって、このブログはバイブルでした。
まだベルギー駐在が確定していなかったので、コメントなどしていませんでしたが、
ようやく駐在へ向けて目途がたったころ、
きぃぽさんの帰国報告、、 帰国報告を知って、日本の片隅で涙してました。
初めての赴任で、不安の中、私の知りたいことを沢山教えてくれたのは、きぃぽさんのブログでした。
感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。そして、本当にお疲れ様でした。
まだまだ、ベルギーでの思い出をつづってください。
楽しみにしています。

今日も、きぃぽさんのブログをみて、勉強しています!
うちにも、チビが一人います。
ウータくん、エータくんの笑顔が、可愛いくて癒されてました!
2011.11.18 10:34 | URL | #JZ2AL5Xs [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.11.28 07:16 | | # [edit]
QAZ says... "はじめまして"
初めまして。

ベルギーで来年から働くことになり、ベルギー情報収集してるなかで、
『ベルギー テレビ』で検索してたら、きぃぽさんのブログにたどり着きました。

そしたら、すごく面白くて、テレビ以外のブログも読みふけってしまいました(笑)
ベルギーだけじゃなく、いろんな国を旅行できるなんて、今からベルギー生活が楽しみです。

帰国されてしまったのは、残念ですが、
これからも楽しく読ませていただきます。
2011.12.03 20:26 | URL | #- [edit]
きぃぽ says... "Re: 祝☆ウータちゃん"
ともみさん
コメントお返事遅くなってしまって本当に申し訳ありませんでした。
(でもメールはさせていただきましたね・・・(~_~;))
ベルギー生活はどうですか?
南仏とでは結構違う(特に冬)と思いますが・・・
寒いけど、ある意味、「冬」に関しては南仏より冬らしく、
冬を満喫するにはベルギーもなかなかいいもんです。

これから間もなく2便がやってきます。
これが落ち着けば、本当の日本生活が待ち構えている感じです。
年明けには時間もお金も、
「通常」と言うものになればいいなぁ。と思っています。

こんな非日常ももうすぐおしまい。
それはそれでなんだか暇になりそうで(笑)
非日常の忙しさ。楽しんで年をこします!
ともみさんもベルギー生活楽しんでくださいね!
2011.12.07 21:05 | URL | #- [edit]
きぃぽ says... "Re: はじめまして"
あねこさん
はじめまして!
コメントお返事遅くなってしまって本当に申し訳ありませんでした。
拍手の方、みさせていただいてましたよ!ありがとうございます。
でも、拍手の方だと、お返事が書けないんですよ~。
なのでお礼のお返事できず、こちらこそ申し訳ありませんでした。

私のブログは独りよがりで、皆様のさほどお役には立ててないかもしれませんが
こうして少しでも参考にしてくださる方がいて、
なんだか私もうれしいです。
でも、「きぃぽさんのブログに書いてあった持ちもの持ってきたのに~!必要なかった~!」なんてことも多々あるかもしれません(笑)
あまり過信しないでくださいね~!私かなりいい加減なんで(笑)

不安でもあり、楽しみでもありますよね。駐在。

でも、楽しいんですよ。きっと。いや、必ず。
そう思って、いまの不安や大変さを少しでも払拭してくださいね。

そう思ってればきっとそうなりますから!
渡航まではつかれます。体に気をつけて頑張ってください!

2011.12.07 21:12 | URL | #- [edit]
きぃぽ says... "Re: はじめまして"
こたさん
はじめまして。

1、3歳のお子様と一緒だと、不安ですよね~。
大変なこともあると思いますが、なんとかなりますよ。大丈夫です。
無責任に聞こえるかもしれませんが、そう思う事が大事です。
あまり気をはらずに、最終的にはどうにかなると思って、
ベルギーを楽しみにしていてくださいね!
持ち物に関しては、渡航準備のことが書いてあるカテゴリーに載ってることが大体すべてですかねぇ。

でも、あ~、これは助かった。と言うものに関しては
「子供用ヒートテック」です。これは大助かりでした。
ベルギーの冬は、外寒くて中暑いので、重ね着が主流ですが、
何枚も何枚も着せるのは大変なので、
ヒートテックがあると、ヒートテック+Tシャツ+アウターで行けます。
上だけでなく、下のレギンス(これは大人も子供も)あると本当に助かります。

少しでもお役にたてればいいですが・・・
では、ご準備頑張ってくださいね!
2011.12.07 21:17 | URL | #- [edit]
きぃぽ says... "Re: はじめまして"
QAZさん

はじめまして~!コメントお返事遅くなり申し訳ありませんでした。
すごい、働くんですか~!
のほほんとグータラ専業主婦としてベルギー生活を送った私にとっては
働くなんてもう、すごすぎますよ~!

ベルギーは、欧州のほぼ中心にあり、かなり旅行をするには絶好の土地です。
欧州各国の素晴らしい景色に建造物に人との出会いが待っています。
お仕事とそうでないときのオンオフが
欧州にいると日本にいるよりはっきりしていて、
人生の楽しみ方の価値観が変わるかもしれません。

私は南仏とベルギーに2回住んで、
「幸せとは何か、仕事とは何か」の価値観が結構大きく変わった気がします。

素晴らしいベルギー生活になるといいですね!
またコメントお待ちしています!
2011.12.07 21:29 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://okirakubelgium.blog27.fc2.com/tb.php/406-aa067aab
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。