お気楽ベルギー生活

3歳と1歳の男児2人連れで2回目の駐在となるべルギー生活! 毎日楽しく記念日のような日々の記録を残してゆきたいです。
Posted by きぃぽ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by きぃぽ   1 comments   0 trackback

ウータ日本の幼稚園へ通い出す!

皆さま!またまたお久しぶりでございます。
実家より帰ってまいりました。
そしてやっとネット環境がまともなものになりました。

は~、ネット依存の私としてはネット不便な生活は
ベルギーで生活を始めるよりも困難なものでした(笑)

近況ご報告~!

ウータ。
幼稚園へ通い始めました~!!!!
じゃじゃ~ん♪

BLOG2011_1107_002004.jpg

どうです?制服姿!
なかなか様になっているかしら。

「幼稚園・・・大丈夫かしら。」
と不安になるのが本来の親心かもしれませぬが・・・

ベルギーで、
友達の言葉もわからない、先生の言っていることもわからない中で
朝8時半から夕方4時まで7時間半と言う長い時間つっこまれるという
過酷な幼稚園生活を送ってきたウータ。

その幼稚園生活を始めるときに比べれば
ウータも私もなんのそのです(笑)

案の定。
すっかり初日から楽しんできたご様子。

それにしても、先生と帰宅後に気軽に電話でお話しできたり、
幼稚園の様子を簡単にきけたりするのは親としても安心です。
こういうのが現地幼稚園に行ってるとねぇ・・・なかなか(笑)

先生とお話しするの一つ取ったって、
辞書片手に予習、メモを取り、そしていざ!という心構えでさらに辞書を持ち、
先生に話しかけないといけないですものね。
ほんの些細なことでも・・・。
そういうストレスのない生活はなんとも楽チンです。
それはきっとウータにとってもリラックスできる環境でしょうね。

でも、ベルギーで1年間現地幼稚園に通ったことは
やはりウータにとっては非常に大きい成長となったようです。
フランス語や、そういうことはたかがしれていますが、
他の環境下ではなかなか鍛えられない精神面を鍛え上げられたなぁ。とつくづく思います。

一番感じたのは、「見よう見まねで合わせる」という行動
集団生活において、
言葉がわからないから、何かをするときは
周りの子や先生がやっていることをよく見てやるしかない。
そういうことが癖づいていたのかもしれません。

先生が、帰宅後の電話で、
「踊りも、歌も、皆のやっていることを見ながら
一生懸命まねてやってました。」と言ってました。

ベルギーの幼稚園と日本の幼稚園では、やることなすことすべて違うと思うんです。
どうやったらいいかわからない・・・などと戸惑うかしら。
と思いましたがそうでもなかったようで、

「この場面ではこういうことするのか。」とか、
そういうのを先生や周りのお友達に聴かずとも、察知する感覚や、
誰かに頼ることなく自分でまねてやってみると言う精神と言うものが
やはり言葉が通じない環境下が故、鍛えられたのではないかなと思います。

ウータにとってのベルギー生活はやはり彼にとって無駄ではなかったようです。
子供は強いです。えらいです。やっぱり。

ウータ、ベルギーでの生活を糧にして
この先どんどん楽しんで幼稚園に行ってほしいと思います。

早くクラスメイトの名前覚えるんだよ~!


ウータの制服姿にキュンキュンしちゃった方(笑)!こちらをポチお願いします!→にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ 人気ブログランキングへ やる気アップです!
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://okirakubelgium.blog27.fc2.com/tb.php/413-5f4a6e1f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。